Java – CaledarとDateの変換

今回はJavaでのCalendarとDateの変換を解説していきます。

CalendarからDateに変えたり、その逆というのはよくあると思います。

現場でよく使われているJava7までの基本的な変換方法について説明します。

Java8以降ではLocalDateTimeに日付の扱いが置き換わってしますので、今回は説明は割愛します。

LocalDateTimeについては、また後日解説記事を書くと思います。

JavaでのCalendar⇔Date変換

Calendar→DateはCalendarクラスのgetTimeメソッドでします。
Date→CalendarはCalendarのオブジェクトにsetTimeメソッドで設定します。
どちらもCalendarクラスのメソッドというのがポイントです。

CalendarからDate

CalendarのオブジェクトでgetTimeするとDateが返ってきます。

DateからCalendar

まずCalendar.getInstanceでオブジェクトを生成します。
できたオブジェクトにDateを引数にしてsetTimeします。

Calendar⇔Date変換メソッド

あらかじめ、下記のようなメソッドを作っておくと、変換の仕方を一々思い出さなくていいので便利です。

以上でDateとCalendarの変換の解説は終了です。
そのうち現場でよく使われる、日付の編集の仕方やLocalDateTimeの使い方について解説する記事を書きます。
Calendarでの日時の設定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です