EC2(Linux)のタイムゾーンの変更

今回はEC2インスタンスのタイムゾーンを変更する方法を解説していきます。

インストールしたデフォルトの状態だとインスタンスのタイムゾーンはUTCとなっています。

FTPクライアントを使っていて、ファイルは書き換えられているのに、エラーが起こったことはないでしょうか?原因はこいつです。

気にしなければ、そこまで問題はありませんが、気持ち悪いので変えてしまいましょう。

タイムゾーンの変更

タイムゾーンの確認

インスタンスにSSH接続してください。

SSH接続の仕方がわからない方はこちら

を参考にしてください。
接続できたらdateと入力してみてください。
現在のタイムゾーンが表示されます。
UTCと表示されていたら、世界協定時になっています。
date
2018年 3月 14日 水曜日 14:36:07 UTC

タイムゾーンの変更

lnコマンドを使ってタイムゾーンを変更します。
ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

もう一度dateコマンドを入力するとタイムゾーンがJSTに変更されているのが確認できます。
date
2018年 3月 14日 水曜日 23:36:52 JST

再起動対策

現在はタイムゾーンが変更されていますが、このままだと再起動した際に、また戻ってしまうので設定ファイルを修正します。
/etc/sysconfig/clockをvimやnanoで開いて修正します。
sudo nano /etc/sysconfig/clock

修正は以下のようにしてください。
ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

以上でタイムゾーンの変更方法の解説は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です