Java – StringとDateの変換

今回はJavaでのStringとDateの変換を解説していきます。

文字列からDateに変えたり、その逆というのはよくあると思います。

現場でよく使われているJava7までの基本的な変換方法について説明します。

Java8以降ではLocalDateTimeに日付の扱いが置き換わってしますので、今回は説明は割愛します。

LocalDateTimeについては、また後日解説記事を書くと思います。

JavaでのString⇔Date変換

変換の基本はSimpleDateFormatに日付の形式を指定してnewするだけです。
あとはDate→Stringならformat、String→Dateならparseメソッドを使用するというイメージです。

DateからString

表示したい形式を引数にして、SimpleDateFormatクラスをnewします。
その後、formatメソッドにDateを引数で渡すとStringクラスとなります。

StringクラスからDateクラス

文字列の記述形式を引数にして、SimpleDateFormatクラスをnewします。
その後、parseメソッドにStringを引数で渡すとDateクラスとなります。

以上で変換の解説は完了です。
SimpleDateFormatに渡す形式については、oracleのページを参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です