Java – Calendarクラスでの日時の計算

今回はJavaでのCalendarを使った日時の計算を解説します。

現場でよく使われているJava7までの基本的な日時の計算方法について説明します。

Java8以降ではLocalDateTimeに日付の扱いが置き換わっていますので、今回は説明は割愛します。

LocalDateTimeについては、また後日解説記事を書くと思います。

Calendarクラスでの日時の取り扱い

Java7では日時の取り扱いにはCalendarクラスで行います。
今回はその中でも日時の計算に焦点を絞りたいと思います。
Java7までで日時を表示する場合はDateクラスが使われているため、日時の文字列から取得して日にちを変更するには、
String→Date→Calendarの変換が必要となります。
CalendarとDateの変換はこちら
文字列とDateの変換はこちら

日時の計算

Calendarクラスのaddメソッドを使用します。
第一引数に日時を表す定数、第二引数に足し引きする値を設定します。
引き算の場合は-の値を入れてください。
月だけは0からスタートするので注意してください。
例は2018年3月23日の日付に日にちを10日足して年を10年引いています。

以上でCalendarクラスでの日時の計算の解説は終わりです。
そのうち現場でよく使われる、日付の編集の仕方やLocalDateTimeの使い方について解説する記事を書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です