インスタンスのwebサーバー化

前回まででEC2のインスタンスを作るところまで完了しました。

今回はSSH接続を利用したインスタンスの操作と、インスタンスのwebサーバー化について解説します。

EC2インスタンスの作成方法の解説はこちら

EC2ってなに?という方はこちら

SSH接続

SSHとはWikipediaによると、以下のように書かれています。

Secure Shell(セキュアシェル、SSH)は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。

簡単に説明すると、現在使っている端末から別の端末(今回の場合はEC2インスタンス)に安全に接続するための技術です。

今回はこのSSHを使用してインスタンスに接続し、webサーバーとして使用するための設定を行います。

webサーバー

webサーバーとは、HTTP通信を用いてクライアントに対してデータを送受信するサーバーのことです。(HTTP、クライアント、サーバーなどの用語は後日、解説ページを作成予定です。)

ブラウザに入力したURLに応じてページを表示するためのデータを返すコンピューターと思ってもらえれば大丈夫です。



ダッシュボードの操作

それでは本題に入っていきましょう。

まずはAWSのコンソール画面にログインし、EC2のダッシュボードに移動します。

 

webサーバー化1

セキュリティグループを選択します。

 

webサーバー化2

launch-wizard-1を選択して、編集ボタンを押します。

 

webサーバー化3

上記の画像と同じになるようにして保存します。

 

webサーバー化4

インスタンスを選択します。

 

webサーバー化5

接続ボタンを押す。

 

webサーバー化6

インスタンスへの接続に必要な情報が表示されます。

 

インスタンスの操作

インスタンスに接続します。
windowsの場合インスタンスへの接続にある「PuTTYを使用した接続」を見ながら進めてください。
AWSの説明がわかりにくかったので、解説ページを作成しました。→WindowsからSSH接続

macの場合ターミナルを開き、cdコマンドでpemを保存したフォルダまで移動してください。
以下の操作はインスタンスへの接続にあるコードをコピペでOKです。

pemファイルのパーミッションを変更します。

chmod 400 ファイル名.pem

sshでログインします。

ssh -i "ファイル名.pem" ユーザー名@パブリックDNS名

 

webサーバー化7

ログインできたらこのような文字列が表示されます。

インスタンスを操作していきます。

 

更新をインストール

sudo yum update –y

Apacheウェブサーバーをインストール

sudo yum install -y httpd

ウェブサーバーを起動

sudo service httpd start

ssh接続の終了

exit

 

webサーバー化8

パブリックDNSをブラウザのアドレスバーに入力して、上のような画像が表示されたら成功です。

以上でwebサーバー化は終了です。

次回は自分で作ったページを表示させます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です