AWSへのWordPressのインストール

今回は作成したAWSのインスタンスにWordPressをインストールする方法を紹介します。

WordPressを導入することで、ブラウザから記事を投稿したり、画面のカスタマイズをすることができるため、サイトの管理が格段に楽になります。

まだサーバーが用意できていないという方は無料で作成する方法を紹介しているので、下記を参考にしてください。

EC2インスタンスのwebサーバー化の解説はこちら

EC2インスタンスの作成方法の解説はこちら

EC2ってなに?という方はこちら

WordPressとは?

WordPressはCMS(Contents Management System):コンテンツ管理システムの一種です。
1からサイトを作成しようと思うと、htmlやcssといった知識が必要になってきて、それなりの見た目のサイトを作ろうと思うと、かなりの労力が必要です。
他にもブログ作るサービスとしてはてなブログやアメーバブログなどがありますが、これらのサイトはレイアウトがあまりいじれなかったり、広告を勝手に入れられたりと、色々と制限されてしまいます。
WordPressではこれらのデメリットが無く、簡単に自由なサイトを作ることができます。
他にもテーマを変えることでガラッとデザインを変えたり、プラグインを導入して面倒なSEO対策を自動化したりすることもできます。

WordPressの導入

WordPressのインストールではインスタンス(サーバー)にSSH接続して行います。
SSH接続がわからない場合は上記の過去記事を参考にしてください。
ファイルの転送にはFTPを使います。
転送方法がわからない方はこちらを参考にしてください。

WordPressに必要なアプリのインストール

WordPressをインストールする前に、WordPressで必要なアプリをインストールします。
インストールに必要なアプリは以下の3つです。

  • PHP
  • MySql Server
  • MySqL-PHP

他にも必要なものはありますが、上記をインストールする際に、一緒にインストールされます。
下記のコマンドをターミナル上で実行してください。

・PHP
PHPはinstallコマンドを実行するだけでOKです。

・MySql Server

サーバーの再起動時にMySql serverが自動起動するように設定します。

MySql serverを起動します。

同時にインストールされたhttpdの自動起動設定をします。

httpdを起動します。

・mysql-php

DBの作成

MySQLにログインしてWordPressで使用するデータベースを作成します。
ここで設定するデータベース名、ユーザー名、パスワードは、WordPressの初期設定で使用するので、控えておいてください。

MySQLのログイン

MySQL上での操作
新しいデータベースの作成

ユーザーの作成

作成したユーザーにデータベースの操作権限を付与

設定を反映

以上でターミナル上での操作は完了です。

WordPressのインストール

WordPressのインストールを行います。
まずは、WordPressのページから本体をダウンロードして解凍してください。
解凍したらFTPでvar/www/htmlの下に転送してください。
この時にファイルが入っているフォルダ名がアクセスする際のURLの一部になります。

WordPressの設定

WordPressを表示する

ページにアクセスしてWordPressの設定画面を表示します。
インスタンスのgloval IP + WordPress本体を入れたフォルダ名をブラウザのアドレスバーに入力してください。
今までの導入がうまくいっていれば、下のような画面が表示されます。

WPの画面1

「さあ、始めましょう!」をクリックすると、下のような画面になるので、作成したデータベースの情報を入力してください。
データベースのホスト名にはlocalhostを入力し、テーブル接頭辞はそのままで大丈夫です。

WPの画面2

「送信」をクリックして下の画面が表示されれば完了です。
エラーが出た場合は画面の支持に従ってください。

WPの画面3

以上でWordPressの導入は完了です。
「ログイン」をクリックしてWordPressの利用が始められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です